英語プレゼン講座

英語プレゼンテーション講座とは
 今、世界はまさにグローバル化の名の下に一体化が進んでいます。島国の日本もこの
グローバル化の波から逃れることはできません。
 川越女子高校では将来、国際社会で堂々と自分の意見が発表できるようにと、英語で
自分の研究などを発表(=プレゼンテーション)する基本的考え方や技術を身につける講座を
開講しています。これが「英語プレゼンテーション講座」です。現在英語プレゼンテーション講座は
2回シリーズで、指導をプロのアメリカ人講師にお願いしています。
 この講師の方は、学校のみならず、企業や専門研究者などにも指導している方で、過去には、
あの日本人初のスペースシャトル搭乗員である毛利衛氏が、NASAでプレゼンテーションをする
際にも、直接指導しました。
 実施された記事は『今日のSSH』からご覧ください。

今年度実施予定
 ①6月23日(土)
 ②6月30日(土)


【以下は過去記事より抜粋】
①平成23年度 5月28日(土)、6月4日(土)、6月11日(土)、6月25日(土)

「講義概要」
 英語のプレゼンテーション指導の専門家であるGary Vierheller氏とSachiyo Vierheller氏夫妻を講師として招き、
計4日間の英語プレゼンテーション講座を行った。
「講義内容」
 生徒たちは、4~5人ずつのグループに分かれ、まず、それぞれのグループで科学に関するトピックを設定した。
そして、最終回に課される模擬プレゼンテーションに向けて、その内容の組み立て方および技術を学びながら、
グループでプレゼンテーションを作りあげていくという内容であった。お二人の講師を中心に、必要に応じて本校の
英語教諭数名も指導に加わり、生徒たちは効果的で説得力のあるプレゼンテーションのシナリオを英語で完成させて
いった。その過程でも、毎回の講座で必ず全員が発表する場面があり、生徒たちは積極的に活動し、満足度は極めて
高かった。
 今年度参加者は1年生19名、2年生8名、3年生2名の計29名であった。上級学年の生徒が各グループで
リーダーシップを発揮し、1年生も上級生につられて上達していく、という良い影響が随所に見られた。